青森県中小企業団体中央会

H29補正ものづくり補助金2次公募のお知らせ
黒にんにくによる地域活性化への取り組み事例
青森県中央会共済制度のご案内
download

メインナビゲーション

このページの本文

【ナマステ】インドにある日本 第2日目【ドライブ】

10月28日 水曜日

さて、2日目です。

日本との時差は3時間30分。いつも6時から7時ぐらいに起きているのですが、インド時間の4時(日本での7時30分)に目が覚めました。。。

朝食はバイキング。主にカレー、ナンやパン、そしてフライドポテトなど。普通においしいです!
break.jpg



給仕の方が最初に「部屋番号」やら「コーヒーか紅茶飲む?」と聞いてくるのですが、全く理解できてなかったです。ちょっと早くて、さらにrの発音がそのまま出てきます。例えば「important」は「インポルタント」みたいな。

独特の英語なんですが、インドで英語を聞いていると、常日頃発音で悩んでいる自分があほらしくなってきます。話してなんぼ、ですね。



朝食後時間があったので、ホテルで有料の無線LANサービスを利用。サービスは4時間からで200ルピー(約400円)。iPhoneでtwitterやらUSTやらネット検索やらしてました。ネットに依存している自分がそこに。。。

あと、ホテルの部屋のトイレなんですが、便器の横にホースがついていて、手動式ウォシュレットの役割を果たしてくれます。インドならではです!ちなみに、とある紅茶店に行ったとき、茶葉の香りをかがせてくれるのですが、左手で茶葉を取ろうとしたら注意されました。不浄の手です。



時間になって、事前打合せ→移動→会場セッティング→本番の試飲会となりました。日本酒に対するいろいろな評価、感想、実態が聞けて大変有意義でした。ちなみに現地コーディネーターの方はインド政府の観光CMにも出ているタジマハル子さん!(芸名)。その雄姿をとくとご覧あれ!





夜遅くに解散し、皆でインド料理屋へ。ほうれんそうのカレーとかタンドリーチキンとかいろいろ食べました。辛い料理の苦手な私でも全然大丈夫。おいしくいただけました。ちなみに、インド人のご飯ですが、おおざっぱに言うと、


朝食→昼食+おやつ→夕方のおやつ→夕食





となっていて、夕食は午後9時過ぎ。夕方のおやつの際に飲酒することが多いそうです。



移動して目にしたインドの中の日本製品ですが、なんと言っても車とバイクは頑張っていました。
車はタタというインドのメーカーのほか、トヨタとホンダとスズキをよく見ました。トヨタはタクシーで使われていたINNOVAという車種が多かったです。ホンダはシビック、アコードもあったし、CR-Vも走ってました(余談ですが、インドのホンダで働いている青森県出身者と会いました!)。写真はトヨタのINNOVAです。

innova.jpg

スズキはマルチ スズキという会社がワゴンRやスイフトを精力的に販売。非常に多かったです。ちなみに、マルチ というのは、インドの風の神「ハヌマーン」の別名「マルーティ」にちなんだものです。

バイクはHERO HONDAというインドのヒーローサイクルとホンダの合弁会社のものが多かったです。あとヤマハもありました。

前回も書きましたが、車やバイクがぐじゃらっと混ざり合い、そこに人や自転車もたまに混じるインドの交通。すごいのは、曲がり角を通り過ぎたのでバック、行きすぎたので道の途中でUターンなど予想の斜め上を行くドライビングでしょうか?



イベントの連続で爆睡しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの上へ

青森県中小企業団体中央会 All Rights Reserved.
〒030-0802 青森市本町2-9-17 Tel:017-777-2325 Fax:017-773-5582