青森県中小企業団体中央会

黒にんにくによる地域活性化への取り組み事例
青森県中央会共済制度のご案内
組合事務書式ダウンロード

メインナビゲーション

このページの本文

知財のミカタ ~巡回特許庁 in 東北~ オープニングイベントのご案内

特許庁、東北経済産業局は、平成30年9月4日(火曜日)から10月1日(月曜日)にかけて、「知財のミカタ~巡回特許庁in東北~」を開催します。初日の青森市で開催のオープニングイベントでは元Google Japan代表取締役社長の村上氏による中小企業経営者のための知財セミナーや、知財戦略の最新動向や地域ブランド戦略等を学べる参加費無料のセミナーを実施します。現在、申込受付中です!

1.「知財のミカタ~巡回特許庁~」とは

特許庁は、「なんだか難しそうで敷居が高い」という知財の見方を変えて、知財を味方にして上手く活用するきっかけを作っていただくことを目的に、全国各地で巡回特許庁を開催しています。

開催期間中は特許庁の審査官が地域に出張して面接する「出張面接」を集中的に実施するとともに、今年度は、開催初日にオープニングイベントを実施します。

オープニングイベントでは初心者から上級者まで様々な知財活用レベルの参加者を対象としたセミナー等のプログラムを用意するとともに、相談コーナーを開設します。

2.開催概要

開催期間・場所

オープニングイベント

開催日:平成30年9月4日(火曜日)
開催場所:青森県観光物産館アスパム(青森県青森市安方1-1-40)

出張面接

開催期間:平成30年9月4日(火曜日)~10月1日(月曜日開催場所:東北全域(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)

オープニングイベントのプログラム(詳細は巡回特許庁_青森パンフ参照)

メインセッション ~世界に誇れる日本の中小企業~

村上 憲郎氏(元Google米国本社副社長兼Google Japan代表取締役社長)が、中小企業経営者に向けて、グローバル時代を生き抜くための知財戦略の必要性について講演します。

個別セッション(主なもの)

  1.  オープン・イノベーションと知財戦略~欧米ではここまで進んでいる~【中級~上級】
    加藤 幹之氏(Xinova 社 上級副社長・日本総代表)が、欧米の事例を紹介しつつ、オープン・イノベーションの必要性や日本の課題、知財戦略策定の重要な視点について講演します。
  2. 道の駅を舞台にした戦略的な地域活性化と地域ブランドの育成~全国モデル優良道の駅にみる成功の秘訣~【初級~中級】
    篠原 靖氏(跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部 准教授)が、地域振興推進のための「地域センター型道の駅」の仕組み作り等の紹介を通して、地域振興・地域ブランド化のヒントとなるような講演をお届けします。

何でも相談コーナー(申込不要)

知的財産に関する疑問やお悩みに、青森県知財総合支援窓口の支援担当者や青森県よろず支援拠点のコーディネータ―などがお答えします。

3.参加申込方法

プログラム・参加申込等の詳細は、以下のホームページをご覧ください。

https://www.junkai-jpo2018.go.jp/tohoku.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの上へ

青森県中小企業団体中央会 All Rights Reserved.
〒030-0802 青森市本町2-9-17 Tel:017-777-2325 Fax:017-773-5582