青森県中小企業団体中央会

H29補正ものづくり補助金採択結果のお知らせ
黒にんにくによる地域活性化への取り組み事例
青森県中央会共済制度のご案内
download

メインナビゲーション

このページの本文

【ナマステ】HORN PLEASE!インド出張の巻1日目【インド】

10月27日 火曜日



一路インドへ。

成田空港お久しぶりです。新婚旅行以来です。

航空会社はエアインディア。手続きをチャッチャとすませて一路機内へ。

と思ったら、面白い看板が。



narita_sword.jpg

『日本の侍たちへ。刃物の機内持ち込みはご遠慮下さい。

世界のビジネスマンへ。切れ味の鋭い頭脳は機内へお持ち込みいただけます。』

全く鋭くない頭脳を機内へ持ち込むことに。



さて、機内ですが、エコノミークラスの座席は身長184cmの私にはきつかったです。が、仕方ありません。前の座席にタッチパネル式のモニターが埋め込まれていて、映画を見たり、ゲームができます。ゲームで面白かったのは、ロードレース。直線道路しかなく、「コーナー無しかい!」って一人で突っ込んでました。





インドの映画と言えばボリウッド。タッチパネルのモニターで選択できる映画は、おおざっぱに「古典インド映画」と「現代インド映画」に別れていました。私が見たのは「現代インド映画」の「Ajab Prem Ki Ghazab Kahani」。英語の字幕が出るので、なんとなくわかりました。

若い男女のラブコメディーで、話がテンポよく進みとても面白かったです。当然、踊りのシーンも豊富。んなあほな、というアクションシーンも満載!俳優もかっこいいし、女優もきれい。機内食食べながら映画を満喫。

kinaishoku.jpg

そんなこんなでインドまでの8時間のフライトタイムをつぶしつつ、窓際の席だったので、たまに外を眺めます。富士山やエベレスト(私にはどれがエベレストかわかりませんでしたが。。。)を見ることができましたよ!ちなみに富士山の写真です。でかいです。見たい方は、右側窓際の席がお勧めです。

fujisan.jpg



途中寝たり、ストレッチしに後ろに行ったり、ゲームしたり、を繰り返し、空港に無事着陸。現地は午後6時ぐらい。入国審査について、ネットで「インドの入国審査は大変だ」という情報を聞いていたのですが、何事もなく無事完了。入国カードで、なんじゃこれ、と思ったのは、PIOとかNRIという単語。後日調べてわかったのですが、PIO=Persons of Indian Origin=インド系移民で、NRI=Non-Resident Indians=在外インド人ということでした。



さて、さっそうと外へ出てインドの空気を身にまといました!その空気なんですが、予想していたカレーのにおいとは裏腹に、若干香水のような香り。真夏のムアッとする暑さはなく、快適な気温でした。


空港の出口には、事前に頼んでいた運転手の方がお出迎え。初めて接するインド人です!笑顔があってなんとなく優しそう。彼の先導で駐車場へ移動しました。車に到着するまで、エレベーターで上へ行ったり、下へ行ったり、何回も忙しかったのですが、なんとなく迷ってる感が漂っていたような。。。


無事に車に乗り込んで、ホテルへレッツゴーですが、インドで一番衝撃だった”車の運転の荒さ”をここで体験です。もう車線なんて関係なし。割込上等。ここで運転できたら、世界中どこでも運転できますねって感じです。さらに、クラクション鳴らしまくり。自動車に必要な部品はエンジンよりもクラクションなんじゃないか、と思えるぐらい、クラクション鳴らしまくり。

クラクションは、「どけろどけろ!」とそれに対する「いや、俺ここにいるし。何割込みしてんの。ここにいるからね!」という応酬。ちなみに、トラックの後部には「HORN PLEASE!」とか「BLOW HORN!」なんて文字が。

運転手さんの手はデフォルトでクラクションの上。サイドミラーは割込みでぶつかっちゃうのか、たたんでいる人が多いです。現地コーディネーターいわく「サイドミラー見ないし」だそうです。ちなみに、動画はこの日のものではないです。撮影した動画を今見返すと、そんなに荒くないように見えますね。でも、ロータリーやカーブはびっくりしますよ!



ホテルにチェックイン後、ご飯をインド出張メンバー皆で食べて初日終了です。

長い1日お疲れ様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの上へ

青森県中小企業団体中央会 All Rights Reserved.
〒030-0802 青森市本町2-9-17 Tel:017-777-2325 Fax:017-773-5582