青森県中小企業団体中央会

黒にんにくによる地域活性化への取り組み事例
青森県中央会共済制度のご案内

メインナビゲーション

このページの本文

【休屋&バラゼミ】ゆるぽんと営業【番外編】←若干追記

皆さん、お疲れ様です。
中央会の武闘派ことT野です。
先日、ゆるぽんが十和田へ営業に出かけました。

冬の十和田湖畔にて。
遊覧船も寒そう。

乙女の像近くの十和田神社も静寂に・・・。

湖畔には、温泉管理組合など3組合があります。
中には、こんな店も!!

中央会二代目会長 故佐藤義男氏が推薦したらしいが・・・。
ここは、 地元で大人気のタカばあちゃんの店『ななくさや』
春に向け、名産ヒメマスの加工食品を開発中とのこと。

翌日、B-1グランプリでおなじみの「バラ焼き」を食す。
いざ、『司(つかさ)バラ焼き大衆食堂』へ!!

店長の安保理代さん(笑顔”も”ステキ)が調理してくれます。
これが、あの有名な”タワー焼き”!!

ランチは白まんま、汁、漬物付きで700円
一言『マイウー!!!!!』

博多中州から運んで来た屋台の天井には、ビッシリと名刺が。
ちなみに、私も数枚貼ってます。
探してみて下さい。

十和田バラ焼きゼミナール(通称:バラゼミ)認定商品「ベルサイユの薔華ったれ」をお土産にどうぞ!

ちなみに『司』では、福島県からすべての食材を仕入れ「浪江焼きそば」(500円)も販売中。
この売上は、すべて浪江町の復興支援に!!
私が十和田に出張した際は、毎回2人前をお持ち帰りしてます。

その後、勢いで、バラゼミ舌校長 畑中宏之氏に、ゆるぽんがインタビュー。
バラだらけのオフィスへゴー。

ゆるぽん「こんにちは!」
舌校長「ボンジュール!」

・・・ボ、ボンジュールって???
まぁ、いい。
気を取り直して、

ゆるぽん「ボンジュール!」
舌校長「ラビアンローズ!」

・・・ノドのあたりにバラ付いてるし、タキシードまで・・・。
もしかして、バラ族か??

舌校長「ようこそ。バラをどうぞ!」

ゆるぽん「あっ、ども・・・」

舌校長「1月に、B-1の仲間8団体で、ほほえみの国 タイへ武者修行に行きます。食材は現地調達し、バラゼミ認定の”ベルサイユの薔華ったれ”を持参し、タイ人に”ラビアンローズ”って言わせてくるからね。ゆるぽんも行く?」

ゆるぽん「無、無理っす・・・」

畑中舌校長のバイタリティーに圧倒されたゆるぽん。

ゆるぽん「ハ、ハイ。これでインタビューを終わります。一旦マイクをお返ししま~す。」

 

追記:先日、自宅に↓が届いておりました。

非常にステキです。
人生がバラ色になりました。
ぜひ皆さんにも「司バラ焼き大衆食堂」に足を運んでいただき、バラ焼きを食べながら、「司 バラ族の会」へご入会下さい!!
バラ色の人生が待ってますよ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの上へ

青森県中小企業団体中央会 All Rights Reserved.
〒030-0802 青森市本町2-9-17 Tel:017-777-2325 Fax:017-773-5582